2013年03月13日

爪甲剥離症とピアノの練習

私は趣味でピアノを弾いています。
ピアノを弾いているときは無心になれるので好きです。
年に一回は発表会にも出るようにしています。

数年前に初めて爪甲剥離症になったときは、もちろん今と変わらず
「原因不明」と言われましたが、「強い衝撃」によって発症する
こともあるということだったので、ピアノで爪があたっているからかな〜
と思いもしました。
わたしは速い曲は指を立てないとうまく弾けないので、
爪があたっても仕方がないとカチャカチャ音を立てながらも弾いてました。
(幼少期は長爪はピアノに向かないと深爪になるまで先生に切られてました。
今思えば本当に恐ろしいです・・・)

剥離症発症当時は確かにショパンの幻想即興曲という早くてフォルテが多い曲を
毎日練習していたので、やりすぎたのかな〜とも思っていました。
お休みの日に無心になりすぎて6時間以上していたときもありました。。。

今はなるだけ爪をたてずに弾くようにはしています。出来る範囲で。

でもたぶん数年にわたるこの剥離症はピアノが原因ではないと思います。
ピアノの演奏によって爪があたっている指は「人差指と中指」が主ですが、
そこは発症せず衝撃があまりない指ばかりが発症しています。

原因は何なのでしょうね。
これだけ悩んでいる人がいるのになかなか研究は進まないようです。
まあそれはそれとしてピアノは楽しみながら弾いていきたいと思います。


posted by ふわり at 12:23| Comment(2) | 爪甲剥離症の観察日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして
私も30を過ぎた頃から体に色々な不調が出始めました...

私は足の親指が爪甲剥離相になりました、私の場合、足が大きいので合う靴が少なく爪に負担をかけ続けてきたことが原因のようです。あと甘い物が好きだったり食生活の乱れで末端まで栄養がいかない、冷えによるものでもあると言われました。

夏になると必ず熱中症になるのですが、それも日頃の水分不足が原因のようです。

私の場合日頃の不摂生(でも自分ではそんなつもりないんですよ、運動不足ではありますが、私が不摂生な生活なら殆どの人が同じ症状になるはず)が原因のようです。若い頃は何ともなかったんですけどね…現れはじめました…
Posted by ミコ at 2013年05月14日 23:31
ミコ様
コメント頂きありがとうございます。お互い30過ぎるといろいろありますね。
私の爪甲剥離症もまだ治っておりません。なるほど栄養ですね・・・私も昔から体が弱い方でしたので運動から遠ざかっており、やはり現在でも運動不足です。
生活を改める必要はあるかもしれませんね。ありがとうございます。
Posted by 管理人 at 2014年08月10日 20:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。