2015年07月30日

爪甲剥離症:右手親指の硬化の件で皮膚科を受診

先日、まったく良くなる気配がないので皮膚科を受診しました。

右手親指の爪の周りの皮膚が硬化してしまっています。
DSC_8052.jpg
元々弱ってるところに薬品を触ったことが原因だと思われますが、
爪も先の方が剥離している状態です。

先生に診せるとやっぱりはっきりしたことはわからないようでした。

ここまでひどくなると炎症を抑える別の薬を使った方がいいだろうと
「ベンダック軟膏」を処方されました。一日何回塗ってもいいそうです。
本当は抗生剤を飲んだ方がいいと言われましたが、あまり飲みたくなかったので
今回は遠慮しました。

また近いうちに診せることになっていますので、しばらくこの処置を
続けてみたいと思います。


posted by ふわり at 10:46| Comment(0) | 爪甲剥離症の観察日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

爪の仕組:爪の成分や成り立ち

爪の成分は「ケラチン」とのこと。細胞骨格を形成するたんぱく質の一つです。
皮膚や髪の毛も同じケラチンで形成されています。

皮膚と同じ成分なのに何故爪は固いのかといいますとそれはさらにケラチンを
構成する成分比で変わってくるそうです。

ケラチンはたんぱく質ですから、アミノ酸が集まって出来ています。
そのうちシスチンというアミノ酸がどれくらい含まれているかで固さが変わってきます。

シスチンは硫黄を含むアミノ酸で、シスチンが多いとアミノ酸同士の結合が強くなるため
より固くなるということです。含有率は皮膚は3%、爪は12%。

ん!?12%でこんなに固くなるのかなー?ってちょっと疑問に思いますよね?
そう、ここで爪の驚きの構造が見えて来ます!!

なんと爪は3枚で構成されているそうです。
しかも段ボールのような構造になっているというから驚きです。
段ボールって紙なのに強いですよね。

爪の構造.jpg

上下は縦の繊維構造、中央は横の繊維構造になっているそうです。
体ってすごいですね〜面白い!
posted by ふわり at 10:48| Comment(0) | ・・爪の仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

爪の仕組:部位について

爪とは何なのか…爪は皮膚が固くなったものだっていう話は聞きますが、
いったいどういう仕組みで成り立っているのでしょうか。

まずは爪の部位について。
tume.jpg
爪母で爪が作られ、爪は爪床の上をすべるように伸びていき、
伸びきった先端では爪下皮が白くなります。
その繰り返しで爪が作られています。
posted by ふわり at 13:45| Comment(0) | ・・爪の仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月21日

円形脱毛症:2015.07.20

a1.jpg
2015.07.20現在の症状

最初になったのは23歳の頃、ストレスで全部髪の毛が抜けました。
そこから1年くらいで元に戻ったのですが、そこから気づけばどっかに出来てる
という感じです。特に治療はしていません。

再発したときは「また自分では気づかないうちにストレスを抱えてるんだ」と
思っていましたが、今の症状は特にストレスとは関係ないかもしれません。
ほとんどストレスのない生活をしています。

アレルギー体質(自己免疫疾患)と関係があるような説はよく聞きます。
あり得ると思っています。
posted by ふわり at 10:57| Comment(0) | 円形脱毛症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

爪甲剥離症:わたしのやってる対処法(お風呂上り編)

お風呂上りにやってるケアは薬を塗ることです。

1、お風呂上りが良い(と思う)
症状が出る爪って白くなってて艶がないという特徴があります。
爪も無防備になって乾燥しているのではないかと思いますので、
お風呂上りに爪が柔らかくなっていてるところで薬を投入です!

2、皮膚科でもらった薬を塗る。
こないだ行った皮膚科では「アクロマイシン」という皮膚炎の箇所に使う
一般的な薬をもらいました。それを爪の間からきわまで塗り込みます!

3、水虫用の薬を塗る(これは勝手にやってることですので)
これはときどきですが、、、
私の場合は白癬菌は出なかったのですが、夏場湿度が高くなると症状が悪化すること
から、ジメジメ好きの水虫菌と似てる…という理由だけでときどーき塗ってます。
1〜2週間に1回くらいなもの。実は私の母も同じ爪甲剥離症で悩んでおりますが、
その母はこれが効くと言っています。

以上が私の対処法(日中編はこちら)ですが、去年は梅雨時からひどくなり始めてましたが、
今年は去年ほどはないです。とはいえ完全ではないですが…
もっとシビアにケアをすれば良くなるような気がしてます。
posted by ふわり at 10:42| Comment(0) | 爪甲剥離症の観察日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。